▼Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
▼Archives
最新の日記
2008年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年/ 6 7 8 9 10 11 12
▼Selected Entries
▼Recent Comments
  • Vol.206 武田信玄の隠れ湯 〜 山梨の温泉にて
    ゆう (10/09)
  • Vol.176 美しき日本の伝統と創造 〜 伝統的工芸品展 WAZA2006
    Angie (10/01)
  • Vol.287 ノルウェー・ジャズを聴く 〜 ヤコブ・ヤング・グループ in TokyoTUC
    Angie (09/27)
  • Vol.287 ノルウェー・ジャズを聴く 〜 ヤコブ・ヤング・グループ in TokyoTUC
    rikison (09/24)
  • Vol.176 美しき日本の伝統と創造 〜 伝統的工芸品展 WAZA2006
    荒木永子 (08/09)
  • Vol.95 もうひとりの山名文夫 1920s-70s 〜ggg
    kemukemu (05/17)
  • Vol.241 Dave Sinclair Live 〜 新宿ピットイン
    Chris (12/15)
  • Vol.172 伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス
    Angie (05/24)
  • Vol.172 伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス
    mah (05/23)
  • Vol.187 フェルデンクライス・メソッド 繊細な動きを感じる〜青山
    Angie (04/29)
▼Recent Trackback
▼Links
▼Categories
▼Profile
▼Others

qrcode

Angie's Gallery

日常をデジカメで記録…AngieのPrivate Diary
<< Vol.326 街角の風景「江戸六地蔵尊」 〜 巣鴨 | main | Vol.328 街角の風景 満開の桜 〜東京「北の丸公園」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー
東京国立近代美術館にて「生誕100年 東山魁夷展」が開催されます。
一般公開に先駆けプレビューということで、オープン前日に作品を鑑賞させていただきました。

東山魁夷は戦後の日本を代表する風景画家で独自の表現を確立しています。今回の展示は今までの回顧展の中でも最大規模ということで、多数の代表作の他に今日まであまり紹介されることがなかったものまで、150点以上の作品が並ぶ大展覧会です。また重要な作品でもある「残照」「道」「花明り」などが全会期を通して展示されています。

会場構成は、1920年代のものから絶筆となった1999年の作品までが時代ごとに展示されています。それらが一堂に並ぶことで、作品の描写だけでなく作家の生き方や時代背景などが垣間見られるのはとても興味深いものでした。

第1章 模索の時代    特集1 ドイツ留学
第2章 東山芸術の確立  特集2 自然と形象・たにま
第3章 ヨーロッパの風景 特集3 白馬のいる風景
第4章 日本の風景
第5章 町・建物     特集4 窓
第6章 モノクロームと墨 特集5 唐招提寺の障壁画
第7章 おわりなき旅

唐招提寺御影堂にある障壁画は有名ですが、10年を超える歳月をかけ鑑真和上に捧げた大作の中から、今回は「濤声(とうせい)」(部分)と、「揚州薫風(ようしゅうくんぷう)」が展示されていることも印象的です。墨一色の「揚州薫風」は和上の故郷中国の壮大な風景を描いたもので26枚の襖絵となっています。これらを襖絵としてではなく、作品として鑑賞できる機会は個人的にも二度とないかもしれません。

障壁画の他に個人的に見たかったのは「白馬のいる風景」。
日本だけでなく、各所の風景に白馬が描かれている作品が並んでいます。主題の白馬については、奈良の唐招提寺御影堂障壁画の制作のかたわら、展示会出品のために作品構想を練っていたところ、「緑一色の風景の中を一頭の白い馬が横切る幻影が浮かんだ」と言います。作品の中の馬は小さいけれど「心の祈り」であり、一方見る人の心にまかせるという解釈とのこと。

数年前から乗馬を始め、馬にかかわるようになってから「馬」という生き物により命を感じる今日この頃。馬を主題とした写真や絵に対する見方が少し変化していたところで見た作品は印象に強く残りました。そして「白い朝」などのように自然風景の中にある主題に描かれた心象が見え隠れするものがありますが、霞がかかったような独特の表現は、平面的なものに心のベールをかけるような作用があるのでしょうか?

ちょうど東京の桜は満開を迎え、お堀端は薄ピンク色に染まっていました。千鳥ヶ淵の満開の桜を眺めた後で見る「花明り」はより一層心を春めいたものにしてくれました。

Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー

Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー

Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー

Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー

Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー

Vol.327 北の丸公園「生誕100年 東山魁夷展」プレビュー

作品写真は「生誕100年 東山魁夷展」作品画像集より提供 (転載禁止)

「生誕100年 東山魁夷展」3/29(土)〜5/18(日)
♪東京国立近代美術館 http://www.momat.go.jp/

♪唐招提寺 http://www.toshodaiji.jp/
1989年に「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録。国宝でもある「金堂」は、平安・鎌倉・江戸・明治と4回の大修理が行われてきましたが、1995年の阪神淡路地方大地震の影響で修理が必要という調査結果のため、2000年(平成12年)より「金堂平成大修理事業」が始まりました。奈良県教育委員会の主導による工事は10年を要するとのこと。

JUGEMテーマ:写真


| Art | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - |









http://will-way.jugem.jp/trackback/351