▼Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
▼Archives
最新の日記
2008年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年/ 6 7 8 9 10 11 12
▼Selected Entries
▼Recent Comments
  • Vol.206 武田信玄の隠れ湯 〜 山梨の温泉にて
    ゆう (10/09)
  • Vol.176 美しき日本の伝統と創造 〜 伝統的工芸品展 WAZA2006
    Angie (10/01)
  • Vol.287 ノルウェー・ジャズを聴く 〜 ヤコブ・ヤング・グループ in TokyoTUC
    Angie (09/27)
  • Vol.287 ノルウェー・ジャズを聴く 〜 ヤコブ・ヤング・グループ in TokyoTUC
    rikison (09/24)
  • Vol.176 美しき日本の伝統と創造 〜 伝統的工芸品展 WAZA2006
    荒木永子 (08/09)
  • Vol.95 もうひとりの山名文夫 1920s-70s 〜ggg
    kemukemu (05/17)
  • Vol.241 Dave Sinclair Live 〜 新宿ピットイン
    Chris (12/15)
  • Vol.172 伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス
    Angie (05/24)
  • Vol.172 伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス
    mah (05/23)
  • Vol.187 フェルデンクライス・メソッド 繊細な動きを感じる〜青山
    Angie (04/29)
▼Recent Trackback
▼Links
▼Categories
▼Profile
▼Others

qrcode

Angie's Gallery

日常をデジカメで記録…AngieのPrivate Diary
<< Vol.318 湯河原 こころ微笑む香り旅 その3 | main | Vol.320 湯河原 こころ微笑む香り旅 その5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Vol.319 湯河原 こころ微笑む香り旅 その4
さらなる香りポイントは「源泉(神谷源泉)」。
湯河原温泉に3本の自家源泉を所有し、湯河原ブランドとしてそのお湯のスタンドサービスや宅配を行っている神谷温泉の神谷さんのご案内で、実際に源泉を汲み上げている場所を見学させていただきました。

緑あふれる道を進むと、パイプの引き揚げ作業のためのやぐらの前には、力強い湯気が立ち上っています。源泉というと、地中からボコボコとただお湯が湧き出ているというイメージをもっている人も多いと思いますが、今回、温泉が地上にでてくる仕組みなどを初めて知りました。地中深く井戸を掘り、高圧のエアーの力の勢いで温泉を地上まで持ち上げる仕組みです。

引き上げられた長いパイプには、湯の華がびっしりとついていました。今回はそれをトントンとたたきながらの湯の華取り体験です。とても根気と力のいる作業ですが、持ち帰って今どきの浴槽ではどのように使ったらよいのかも聞いてきました。温泉成分のため温泉管や機器類の管理には、とても手間がかかりそうですが、自然からの恵みをたくさんの人に届けてくれることに、湯河原の温泉が大好きな私としては感謝したいです。

Vol.319 湯河原 こころ微笑む香り旅 その4

Vol.319 湯河原 こころ微笑む香り旅 その4

Vol.319 湯河原 こころ微笑む香り旅 その4

湯河原の温泉は、自然と体で良いなと感じるお湯のためか何度も訪れています。できれば自然の状態に近い環境で入れるとよいのですが、宿によってはそれなりの演出をしているところもあったりして、お客様へのサービスとして何が求められているのかという価値観は人それぞれなのでしょう。私は 湯河原なりの情緒ある風情の中、川沿いの水のせせらぎを聴きながら、ゆっくりといつまでも浸っていられるだけでよいなといつも思います。

神谷温泉
旅はまだまだ続きます…。
| Travel | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |









http://will-way.jugem.jp/trackback/343