▼Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
▼Archives
最新の日記
2008年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年/ 6 7 8 9 10 11 12
▼Selected Entries
▼Recent Comments
  • Vol.206 武田信玄の隠れ湯 〜 山梨の温泉にて
    ゆう (10/09)
  • Vol.176 美しき日本の伝統と創造 〜 伝統的工芸品展 WAZA2006
    Angie (10/01)
  • Vol.287 ノルウェー・ジャズを聴く 〜 ヤコブ・ヤング・グループ in TokyoTUC
    Angie (09/27)
  • Vol.287 ノルウェー・ジャズを聴く 〜 ヤコブ・ヤング・グループ in TokyoTUC
    rikison (09/24)
  • Vol.176 美しき日本の伝統と創造 〜 伝統的工芸品展 WAZA2006
    荒木永子 (08/09)
  • Vol.95 もうひとりの山名文夫 1920s-70s 〜ggg
    kemukemu (05/17)
  • Vol.241 Dave Sinclair Live 〜 新宿ピットイン
    Chris (12/15)
  • Vol.172 伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス
    Angie (05/24)
  • Vol.172 伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス
    mah (05/23)
  • Vol.187 フェルデンクライス・メソッド 繊細な動きを感じる〜青山
    Angie (04/29)
▼Recent Trackback
▼Links
▼Categories
▼Profile
▼Others

qrcode

Angie's Gallery

日常をデジカメで記録…AngieのPrivate Diary
<< Vol.316 湯河原 こころ微笑む香り旅 その1 | main | Vol.318 湯河原 こころ微笑む香り旅 その3 >>
Vol.317 湯河原 こころ微笑む香り旅 その2
湯河原の2つめの微笑み香りポイントは「ひもの加工場」。
食卓でもよくお世話になっている干物たち、相模湾沿岸の漁港近くではいろいろな干物を手に入れることができますが、加工風景を見せていただくのは初めてです。干物の干し方や作り方は地域や伝統によって違うようですが、ここでは採りたての魚をさばいて、きれいに下準備し、塩水に漬けてから乾燥させるという工程。

Vol.317 湯河原 こころ微笑む香り旅 その2

Vol.317 湯河原 こころ微笑む香り旅 その2

Vol.317 湯河原 こころ微笑む香り旅 その2

Vol.317 湯河原 こころ微笑む香り旅 その2

最後にできあがった干物の大きさを選別するのですが、その機械にはよくできているなぁと感心するばかりでした。魚の加工工場というと、イメージ的に生臭い感じがありますが、新鮮なものを手早く加工していることと衛生管理がちゃんとしているのでしょう、目の前で魚をさばいていてもなんとなく潮の香りが漂ってきます。

あちらこちらには、鰺だけでなくカマスや丸干しなど出来上がったものが置いてあり、早くもお腹が反応してきてしまいます。ここでは販売などはしていませんが、街の随所でここの干物たちにお目にかかることになるのでしょうね。
| Travel | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:14 | - | - |









http://will-way.jugem.jp/trackback/341